Printer Machine

本格派ならフルカラーで同人誌の印刷を依頼するべし

業者への依頼は簡単

入稿方法もいろいろ

男女

初めての同人誌作製となると、印刷をどこに依頼すれば良いのか戸惑うかもしれませんが、同人誌の印刷に対応している業者はたくさんあります。
現在は各社でホームページを設けており、詳細なサービス内容を記載しています。
印刷依頼の際には、ネット上の各印刷業者のホームページを見ながら選ぶと良いでしょう。
各社様々なプランを用意しており、フルカラー印刷を依頼することも可能となっています。
フルカラー印刷では、コミックのほか、写真集やイラスト集の作製でも依頼できるので幅広く利用可能です。
フルカラー印刷の場合は、同人誌の内容に合わせて紙質も適宜選択できます。
また、本の綴じ方やサイズ、縦型横型など、形式も多様に選択できるため、希望通りの同人誌を完成させられるでしょう。
申し込むには当然原稿を業者に入稿する必要がありますが、現在はオンライン入稿が主流となっています。
業者のホームページには入稿ページが設置されており、定められた方法に沿って作業すれば楽に送ることができます。
中には、オンラインのほか郵送での入稿や、直接店舗に持ち込んでの入稿に対応しているところもあります。
この場合は、CD‐RやUSBメモリーに原稿データを入れて持ち込むことができます。
業者によっては原稿用紙をそのまま届けて印刷依頼することもできるので、パソコン作業が不得手な方でも心配はいりません。
フルカラー印刷を依頼する場合も上記の方法で依頼することが可能なので、都合の良い方法を選択すると良いでしょう。

業者ごとの注意

カラーチャート

現在同人活動を行う人の数は増加傾向にあり、それには専門の印刷業者の増加も関係しています。
デジタルデータを使った同人誌を作る人の数が圧倒的な中で、印刷業者もそれに対応したサービスを行うようになり、そういった技術の進歩により一般の方でも同人誌の作成が行いやすくなりました。
しかしこういった同人誌を作る場合もある程度の作成に関する知識や流れを知っておかないと余計なトラブルを招いてしまうこともあります。
特に印刷業務に関しては事前にしっかりとした打ち合わせや納期の確認を行わないと、印刷を待っているほかの人にも迷惑がかかってしまいます。
なのでこれから簡単な失敗しない同人誌の作り方を説明します。
まずは最初に印刷をお願いする業者を探します。
業者の種類は様々ですが、選ぶ際にはどんなサービスを行っているかなどを見極めるポイントにしましょう。
例としては値段がほかのところに比べ安価だったり、イベントへ直接届けてくれる搬入サービスがあったりなどが挙げられます。
業者を見つけたら原稿を入稿します。
原稿は主にデジタルとアナログに分かれますが、現在ではデジタルを利用している方が圧倒的に多いです。
また入稿の際には業者によってさまざまな注意事項があるのでそのチェックがもっとも大事です。
特に、フルカラーでの入稿は注意が必要です。
フルカラーでの入稿はほかの入稿に比べ値段も高いです。
またフルカラーならではの加工やオプションもさまざまなのでしっかり確認しておきましょう。
さらにフルカラーでは色補正が行われるかどうかも、よく見ておく必要があります。
入稿が終わればお金を振り込み、現物が届きます。
これらが一連の流れです。

高彩度で作るには

ペンタブレット

個人的なイラスト集作りに、フルカラーの同人誌印刷が利用できます。
しかしいざ作るとなると、知っておきたい事も多いものです。
フルカラーだからこそ気をつけたいところは、彩度の高さです。
彩度は華やかさが大きく変わり、印象も違ってくるので重視したい部分です。
また、デジタル絵の場合はRGBモードが多く、RGBモードから印刷する時にCMYKモードへと変換されます。
印刷会社の多くは、RGBからCMYKに自動的に変換される場合が殆どです。
しかし、変換される時には彩度が落ちます。
これは、モニターで表示される色の完全再現はできないので、実際の印刷ではどのくらい彩度が落ちて色が変わるのかをプリンター等で一度出力してみたりして確認しましょう。
同人原稿を入稿したい印刷会社がRGBの高彩度印刷が可能な場合、できる限りの彩度の再現ができます。
オプションサービスで料金が上がる事もありますが、品質を求めるなら利用を検討しましょう。
更に、気をつけたいのは用紙選びです。
紙によっても発色が変わってくるので、十分に考える必要があります。
フルカラーの本文用の用紙は、コート紙かマットコート紙が多いです。
コート紙は光沢と高級感があり、彩度の高い印刷をしたい時に向いています。
反対に、マットコート紙は光沢を抑えて落ち着いた味わいを出せます。
そのため、印刷したいものの雰囲気に合わせて選択する事も可能です。
同人誌は趣味の要素が強く、趣味であるからこそ素敵な一冊を作りたいものです。
フルカラーの同人誌印刷は印刷方法や紙から選びましょう。